スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

症状・効果一覧

二日酔い肝臓強化眠気覚まし集中力/記憶力リラックス/安眠/不眠症うつ/不安ヒステリー抜け毛/育毛/フケホルモンバランスしみ/アンチエイジング乾燥肌かゆみ止めにきび収斂作用やけど虫さされ抗炎症/皮膚炎抗ウイルス/殺菌免疫力/抵抗力防腐花粉症鼻づまり呼吸器官系/ぜんそくのどの痛みたん口内炎口臭/消臭風邪(感冒)/発汗解熱頭痛/偏頭痛歯痛生理痛腹痛消化不良食欲増進健胃吐き気/嘔吐整腸便秘おなら利尿作用新陳代謝発汗貧血冷え性/血行むくみほてり血糖値/糖尿病高血圧催乳筋肉痛腰痛リューマチ神経痛しゃっくり十二指腸痛風ねん挫浄化虫除け
スポンサーサイト
症状・効果一覧 | edit | page top↑

ハーブ名一覧

ア行
エキナセアオレガノアンゼリカういきょう(フェンネル)
カ行
カモミール(カモマイル)コリアンダーカルダモン
サ行
サフラワー(紅花)しそセージ
タ行
タイムチコリチャイブディル
ナ行
ハ行
紅花(サフラワー)バジルハイビスカスフェンネル(ういきょう)ハッカ(ミント)ベルガモット
マ行
マシュマロウマジョラムミント(ハッカ)
ヤ行
ユーカリ
ラ行
ラベンダーレモングラスローズローズヒップローズマリー
ワ行
ハーブ名一覧 | edit | page top↑

ローズマリーの効果・効能

ローズマリーは、集中力や記憶力を高める効果が高いことで有名です。

強壮作用があり、精神を高揚させ、頭をスキッとさせてくれるので、眠気覚ましにも効きます。

呼吸器官系の症状にも効き、花粉症の症状も和らげてくれるようです。

また、ローズマリーは、抗菌、抗ウイルス作用、酸化防止作用、消化促進作用があり、お肉料理などによく使用されます。

血管を丈夫にし、血行を良くしたり、新陳代謝をよくしたりします。

ローズマリーは、若返りのハーブと言われており、抗酸化作用があるので、アンチエイジングに効果的な化粧水としてよく使用されます。

ローズマリーのオイルをトリートメントとしてしようすると、フケや育毛に効果があると言われています。

また、消臭効果や、防虫効果もあります。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑

ローズヒップの効果・効能

ローズヒップは、ビタミンCが豊富なことで有名ですが、効能としては、しみ予防やアンチエイジング、美肌効果、コラーゲンの生成などがあります。

ホルモンバランスを整えてくれるので、月経中や妊娠中にも適しています。

また、ローズヒップは、利尿作用や肝機能を高める作用があり、便秘にも効きます。
(取りすぎると、お腹が緩くなる場合もあります。)

ローズヒップは、抗菌、抗ウイルス作用もあり、風邪の予防にもなります。
記事一覧 | edit | page top↑

ローズの効果・効能

ローズは、浄化作用が強く、脈や消化器官、心臓、脾臓、毛細血管などの活動を健全化します。

二日酔い、健胃、整腸、便秘、嘔吐などに効果があります。

ローズウォーターは、乾燥肌やしみ、しわなどのお肌のトラブル、アンチエイジングにも効果的です。

ローズの香りにはリラックス効果や幸福感をもたらす作用があり、女性ホルモンのバランスを整えて、月経や更年期障害の症状を和らげます。

ローズの精油は、抗菌・殺菌作用や抗炎症作用があります。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑

レモングラスの効果・効能

レモングラスは、抗菌、殺菌作用があり、風邪予防効果があります。

消化促進作用、脂肪分の分解作用があるので、胃もたれに効きます。

また、レモングラスは血行を良くし、腹痛や下痢にも効果があります。

レモングラスの香りはうつ病や眠気覚ましに効きます。

虫除け、虫食いにも利用されます。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑

ユーカリの効果・効能

ユーカリは、精油の揮発性分が、抗ウイルス作用、殺菌作用があり、空気を浄化します。

また、花粉症鼻づまりにも効果があります。

ユーカリの精油はのどの痛みや炎症、たんに効果があります。

血糖値を下げる効果もあるようです。

肌に塗ると、関節や粘膜の炎症を抑え、筋肉痛リューマチにも効果があります。
記事一覧 | edit | page top↑

ベルガモットの効果・効能

ベルガモットには2種類あります。

1つは、柑橘類の果実のベルガモット。
精油として使用され、アールグレイティーの香り付けで有名です。

もう1つが、シソ科のハーブのベルガモットです。

ハーブのベルガモットは、葉を料理やハーブティー、入浴などに香り付けとして使用し、消化促進効果や健胃効果、腸内のガスを取り除く効果があります。

また、風邪予防や吐き気、去たん生理痛などの鎮痛、不眠症に効果があります。

ちなみに、柑橘類の方のベルガモットの精油は、リラックス効果、殺菌効果、ホルモンバランス調整効果、消化を促進して胃もたれを解消する効果があり、コレストロール値を下げて心臓病に効くという調査結果もあります。
また、うがいに使用すると喉の調子を良くする効果もあります。
記事一覧 | edit | page top↑

ミント(ハッカ)の効果・効能

ミント(ハッカ)は、精油が皮膚炎などの炎症、かゆみ止めなどに効果があります。
その場合は、低濃度で使用しないと逆効果になるので、注意が必要です。

ミントは毛細血管を収縮させ、冷却効果があるので、体のほてりを抑えたり、皮膚などをリフレッシュしたりする効果があります。

また、鼻の通りを良くするので、花粉症にも効果があると言われています。

ペパーミントは、蚊やネズミ、ゴキブリなどの虫除けの効果があります。

日本産のハッカは、メントールの含有量が多いです。
記事一覧 | edit | page top↑

カルダモンの効果・効能

カルダモンは、消化促進に効果があり、腸内に溜まったガスを取り除く効果もあります。

呼吸器官系の症状にも効き、たんに効果があります。
また、口臭予防には、食後にカルダモンティーを飲むのもお勧めです。

カルダモンは、発汗作用があるので、風邪の予防にもなります。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。