スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

ローズマリーの効果・効能

ローズマリーは、集中力や記憶力を高める効果が高いことで有名です。

強壮作用があり、精神を高揚させ、頭をスキッとさせてくれるので、眠気覚ましにも効きます。

呼吸器官系の症状にも効き、花粉症の症状も和らげてくれるようです。

また、ローズマリーは、抗菌、抗ウイルス作用、酸化防止作用、消化促進作用があり、お肉料理などによく使用されます。

血管を丈夫にし、血行を良くしたり、新陳代謝をよくしたりします。

ローズマリーは、若返りのハーブと言われており、抗酸化作用があるので、アンチエイジングに効果的な化粧水としてよく使用されます。

ローズマリーのオイルをトリートメントとしてしようすると、フケや育毛に効果があると言われています。

また、消臭効果や、防虫効果もあります。

*妊娠中はご使用をお控えください。
スポンサーサイト
記事一覧 | edit | page top↑

ローズヒップの効果・効能

ローズヒップは、ビタミンCが豊富なことで有名ですが、効能としては、しみ予防やアンチエイジング、美肌効果、コラーゲンの生成などがあります。

ホルモンバランスを整えてくれるので、月経中や妊娠中にも適しています。

また、ローズヒップは、利尿作用や肝機能を高める作用があり、便秘にも効きます。
(取りすぎると、お腹が緩くなる場合もあります。)

ローズヒップは、抗菌、抗ウイルス作用もあり、風邪の予防にもなります。
記事一覧 | edit | page top↑

ローズの効果・効能

ローズは、浄化作用が強く、脈や消化器官、心臓、脾臓、毛細血管などの活動を健全化します。

二日酔い、健胃、整腸、便秘、嘔吐などに効果があります。

ローズウォーターは、乾燥肌やしみ、しわなどのお肌のトラブル、アンチエイジングにも効果的です。

ローズの香りにはリラックス効果や幸福感をもたらす作用があり、女性ホルモンのバランスを整えて、月経や更年期障害の症状を和らげます。

ローズの精油は、抗菌・殺菌作用や抗炎症作用があります。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑

紅花(サフラワー)の効果・効能

紅花は、生理痛や生理不順、貧血、冷え性、更年期障害などの、女性特有の症状に効果があります。

古くから、女性はよく、紅花で染めた布をお腹や腰回りに巻いていたそうです。

また、紅花には、抗炎症作用や鎮痛作用、活性酸素を除去する作用があり、アンチエイジング効果も期待できます。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。