スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

ユーカリの効果・効能

ユーカリは、精油の揮発性分が、抗ウイルス作用、殺菌作用があり、空気を浄化します。

また、花粉症鼻づまりにも効果があります。

ユーカリの精油はのどの痛みや炎症、たんに効果があります。

血糖値を下げる効果もあるようです。

肌に塗ると、関節や粘膜の炎症を抑え、筋肉痛リューマチにも効果があります。
スポンサーサイト
記事一覧 | edit | page top↑

ベルガモットの効果・効能

ベルガモットには2種類あります。

1つは、柑橘類の果実のベルガモット。
精油として使用され、アールグレイティーの香り付けで有名です。

もう1つが、シソ科のハーブのベルガモットです。

ハーブのベルガモットは、葉を料理やハーブティー、入浴などに香り付けとして使用し、消化促進効果や健胃効果、腸内のガスを取り除く効果があります。

また、風邪予防や吐き気、去たん生理痛などの鎮痛、不眠症に効果があります。

ちなみに、柑橘類の方のベルガモットの精油は、リラックス効果、殺菌効果、ホルモンバランス調整効果、消化を促進して胃もたれを解消する効果があり、コレストロール値を下げて心臓病に効くという調査結果もあります。
また、うがいに使用すると喉の調子を良くする効果もあります。
記事一覧 | edit | page top↑

カルダモンの効果・効能

カルダモンは、消化促進に効果があり、腸内に溜まったガスを取り除く効果もあります。

呼吸器官系の症状にも効き、たんに効果があります。
また、口臭予防には、食後にカルダモンティーを飲むのもお勧めです。

カルダモンは、発汗作用があるので、風邪の予防にもなります。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑

フェンネルの効果・効能

フェンネルは、日本では茴香(ういきょう)と呼ばれており、生の葉や実を料理の風味付けや苦み・臭みを抑えるのに利用します。

フェンネルの実の精油は、健胃や、胃腸内にたまったガスの排出促進に効果があります。

また、たん催乳に効果があります。

インド料理ではよく、食後にフェンネルの実を出して、お口の中をさわやかにし、口臭を予防します。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑

バジルの効果・効能

バジルは、消化不良、嘔吐に効果があります。

殺菌力があり、たん、ぜんそく、気管支炎などにも効果があります。

また、バジルは、抗うつ、強壮、解熱にも効果があります。

バジルの生の葉を虫さされにつけると言われており、葉の蒸気を吸うと風邪に効くそうです。

バジルの精油は、自律神経失調症、炎症、痙攣に効果があります。
記事一覧 | edit | page top↑

コリアンダーの効果・効能

コリアンダーは、タイでは「パクチー」、台湾では「シャンツァイ」と呼ばれています。

消化器系の病気に効果があります。

コリアンダーの種子は、食欲増進やたん取りに効きます。
すりつぶした種子と蜂蜜を混ぜて、咳止めにも用います。
記事一覧 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。