スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

ローズマリーの効果・効能

ローズマリーは、集中力や記憶力を高める効果が高いことで有名です。

強壮作用があり、精神を高揚させ、頭をスキッとさせてくれるので、眠気覚ましにも効きます。

呼吸器官系の症状にも効き、花粉症の症状も和らげてくれるようです。

また、ローズマリーは、抗菌、抗ウイルス作用、酸化防止作用、消化促進作用があり、お肉料理などによく使用されます。

血管を丈夫にし、血行を良くしたり、新陳代謝をよくしたりします。

ローズマリーは、若返りのハーブと言われており、抗酸化作用があるので、アンチエイジングに効果的な化粧水としてよく使用されます。

ローズマリーのオイルをトリートメントとしてしようすると、フケや育毛に効果があると言われています。

また、消臭効果や、防虫効果もあります。

*妊娠中はご使用をお控えください。
スポンサーサイト
記事一覧 | edit | page top↑

カルダモンの効果・効能

カルダモンは、消化促進に効果があり、腸内に溜まったガスを取り除く効果もあります。

呼吸器官系の症状にも効き、たんに効果があります。
また、口臭予防には、食後にカルダモンティーを飲むのもお勧めです。

カルダモンは、発汗作用があるので、風邪の予防にもなります。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑

フェンネルの効果・効能

フェンネルは、日本では茴香(ういきょう)と呼ばれており、生の葉や実を料理の風味付けや苦み・臭みを抑えるのに利用します。

フェンネルの実の精油は、健胃や、胃腸内にたまったガスの排出促進に効果があります。

また、たん催乳に効果があります。

インド料理ではよく、食後にフェンネルの実を出して、お口の中をさわやかにし、口臭を予防します。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑

タイムの効果・効能

タイムは、防腐の効果が絶大で、防腐剤・保存剤・紙の虫食い防止などに使用されます。

また、タイムは肉や魚介類の、保存や臭み消しに利用されることでも有名です。

タイムの精油は、十二指腸に効くとされ、消毒・殺菌作用もあるので、口内洗浄液やハミガキ、トニックなどにも使用されます。

お風呂に入れて入浴すると、リューマチ、神経痛、むくみにも効くとされています。

飲用すると、風邪や腰痛を和らげる効果もあります。
記事一覧 | edit | page top↑

ラベンダーの効果・効能

ラベンダーには、神経を沈静化する働きがあり、安眠に効果的と言われているので、不眠症の方や不安がある方におすすめです。

また、頭痛、偏頭痛、やめまいを穏やかに治すとも言われています。

その他、ラベンダーには、消臭、消毒、抗炎の効果があり、ローションとして使用すると、デオドラントやにきびやけどに効きます。

抜け毛にも効果があるようです。

要注意なのが、ラベンダーの香りには、脂肪を体に定着させる働きがあるということです。

太りたくない人は、控えた方がいいかもしれません。

記事一覧 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。