スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

ローズの効果・効能

ローズは、浄化作用が強く、脈や消化器官、心臓、脾臓、毛細血管などの活動を健全化します。

二日酔い、健胃、整腸、便秘、嘔吐などに効果があります。

ローズウォーターは、乾燥肌やしみ、しわなどのお肌のトラブル、アンチエイジングにも効果的です。

ローズの香りにはリラックス効果や幸福感をもたらす作用があり、女性ホルモンのバランスを整えて、月経や更年期障害の症状を和らげます。

ローズの精油は、抗菌・殺菌作用や抗炎症作用があります。

*妊娠中はご使用をお控えください。
スポンサーサイト
記事一覧 | edit | page top↑

ユーカリの効果・効能

ユーカリは、精油の揮発性分が、抗ウイルス作用、殺菌作用があり、空気を浄化します。

また、花粉症鼻づまりにも効果があります。

ユーカリの精油はのどの痛みや炎症、たんに効果があります。

血糖値を下げる効果もあるようです。

肌に塗ると、関節や粘膜の炎症を抑え、筋肉痛リューマチにも効果があります。
記事一覧 | edit | page top↑

ミント(ハッカ)の効果・効能

ミント(ハッカ)は、精油が皮膚炎などの炎症、かゆみ止めなどに効果があります。
その場合は、低濃度で使用しないと逆効果になるので、注意が必要です。

ミントは毛細血管を収縮させ、冷却効果があるので、体のほてりを抑えたり、皮膚などをリフレッシュしたりする効果があります。

また、鼻の通りを良くするので、花粉症にも効果があると言われています。

ペパーミントは、蚊やネズミ、ゴキブリなどの虫除けの効果があります。

日本産のハッカは、メントールの含有量が多いです。
記事一覧 | edit | page top↑

マシュマロウの効果・効能

マシュマロウは、根に、ペクチン、タンニン、アスパラギン酸などを含む粘液が多く含まれ、口内炎、気管支炎、のどの痛みなどの炎症に効果があります。

また、筋肉痛ねん挫に塗布して鎮痛剤としても使用します。

マシュマロウは、あのお菓子のマシュマロの原料です。

記事一覧 | edit | page top↑

バジルの効果・効能

バジルは、消化不良、嘔吐に効果があります。

殺菌力があり、たん、ぜんそく、気管支炎などにも効果があります。

また、バジルは、抗うつ、強壮、解熱にも効果があります。

バジルの生の葉を虫さされにつけると言われており、葉の蒸気を吸うと風邪に効くそうです。

バジルの精油は、自律神経失調症、炎症、痙攣に効果があります。
記事一覧 | edit | page top↑

チコリの効果・効能

チコリは、根を乾燥したものが、食欲増進、利尿、消炎、肝臓強化に効果があり、リューマチ痛風、便秘には特効薬として利用されます。

また、チコリには天然のインスリンと言われているイヌリンが含まれているので、糖尿病の改善に効果があります。
記事一覧 | edit | page top↑

紅花(サフラワー)の効果・効能

紅花は、生理痛や生理不順、貧血、冷え性、更年期障害などの、女性特有の症状に効果があります。

古くから、女性はよく、紅花で染めた布をお腹や腰回りに巻いていたそうです。

また、紅花には、抗炎症作用や鎮痛作用、活性酸素を除去する作用があり、アンチエイジング効果も期待できます。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑

カモミール(カモマイル)の効果・効能

カモミール(カモマイル)は、古くから、熱病や婦人病に用いられてきました。

抗炎症作用、鎮静効果があるとされ、神経障害、更年期障害、整肌作用、アレルギー改善、皮膚炎、乾燥肌やけど、口内炎、、腫れ物などに効果があります。
(ジャーマンカモミールの方が効果大)

また、発刊作用もあり、感冒、リューマチにも効くそうです。

カモミールティーには、リラックス作用があるので、抗うつ作用、安眠作用があります。

寝る前はカモミールとよく言われますね。
その場合はローマンカモミールがお勧めです。

シャンプーとして使用すると、髪を輝かせる働きがあります。
記事一覧 | edit | page top↑

ラベンダーの効果・効能

ラベンダーには、神経を沈静化する働きがあり、安眠に効果的と言われているので、不眠症の方や不安がある方におすすめです。

また、頭痛、偏頭痛、やめまいを穏やかに治すとも言われています。

その他、ラベンダーには、消臭、消毒、抗炎の効果があり、ローションとして使用すると、デオドラントやにきびやけどに効きます。

抜け毛にも効果があるようです。

要注意なのが、ラベンダーの香りには、脂肪を体に定着させる働きがあるということです。

太りたくない人は、控えた方がいいかもしれません。

記事一覧 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。