スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | edit | page top↑

マジョラムの効果・効能

マジョラムは、鎮静作用、浄化作用があります。

マジョラムには、腸を活発にする作用、消化促進作用、腸内に溜まったガスを取る作用、腸の痙攣を鎮める作用があります。

スイートマジョラムには、内用・外用共に、暖める作用があり、お腹や筋肉などを暖める効果があります。

マジョラムには鎮静効果・リラックス効果があるので、不眠症や不安症に効果があり、ヒステリーにも効果があります。
記事一覧 | edit | page top↑

マシュマロウの効果・効能

マシュマロウは、根に、ペクチン、タンニン、アスパラギン酸などを含む粘液が多く含まれ、口内炎、気管支炎、のどの痛みなどの炎症に効果があります。

また、筋肉痛ねん挫に塗布して鎮痛剤としても使用します。

マシュマロウは、あのお菓子のマシュマロの原料です。

記事一覧 | edit | page top↑

フェンネルの効果・効能

フェンネルは、日本では茴香(ういきょう)と呼ばれており、生の葉や実を料理の風味付けや苦み・臭みを抑えるのに利用します。

フェンネルの実の精油は、健胃や、胃腸内にたまったガスの排出促進に効果があります。

また、たん催乳に効果があります。

インド料理ではよく、食後にフェンネルの実を出して、お口の中をさわやかにし、口臭を予防します。

*妊娠中はご使用をお控えください。
記事一覧 | edit | page top↑

ハイビスカスの効果・効能

ハイビスカスは、カリウムが多く、新陳代謝を良くし、利尿作用があり、便秘に効果があります。

ビタミン、クエン酸を含み、体をアルカリ性にしてくれます。

また、ハイビスカスのローションは、肌を中性にし、収斂作用があります。
記事一覧 | edit | page top↑

バジルの効果・効能

バジルは、消化不良、嘔吐に効果があります。

殺菌力があり、たん、ぜんそく、気管支炎などにも効果があります。

また、バジルは、抗うつ、強壮、解熱にも効果があります。

バジルの生の葉を虫さされにつけると言われており、葉の蒸気を吸うと風邪に効くそうです。

バジルの精油は、自律神経失調症、炎症、痙攣に効果があります。
記事一覧 | edit | page top↑

ディルの効果・効能

ディルは、しゃっくりを止める効果があります。

葉を、肉・魚・卵料理、サラダなどに用いたり、バターやチーズに練り込んだりします。

つぼみや花の部分は、オイルやビネガー、ピクルスなどに漬け込んで使用できます。

また、ディルの汁には鎮静効果があります。

乾燥させたディルを枕に入れて寝ると、安眠効果があるとされています。
記事一覧 | edit | page top↑

チャイブの効果・効能

チャイブは、消化促進の効果がありますので、消化不良などに効きます。

チャイブは、ネギ類の仲間で、サラダやスープ、肉・魚料理の香り付けなどに用いられます。
記事一覧 | edit | page top↑

チコリの効果・効能

チコリは、根を乾燥したものが、食欲増進、利尿、消炎、肝臓強化に効果があり、リューマチ痛風、便秘には特効薬として利用されます。

また、チコリには天然のインスリンと言われているイヌリンが含まれているので、糖尿病の改善に効果があります。
記事一覧 | edit | page top↑

タイムの効果・効能

タイムは、防腐の効果が絶大で、防腐剤・保存剤・紙の虫食い防止などに使用されます。

また、タイムは肉や魚介類の、保存や臭み消しに利用されることでも有名です。

タイムの精油は、十二指腸に効くとされ、消毒・殺菌作用もあるので、口内洗浄液やハミガキ、トニックなどにも使用されます。

お風呂に入れて入浴すると、リューマチ、神経痛、むくみにも効くとされています。

飲用すると、風邪や腰痛を和らげる効果もあります。
記事一覧 | edit | page top↑

セージの効果・効能

セージは、不老長寿のハーブとして、歴史的・世界的に有名です。

セージは、強壮、消化促進、健胃、整腸、解熱高血圧などに効果があり、
フケや抜け毛防止効果もあります。

防腐剤としても使用されます。

また、セージの香りは不安を取り除く働きもあります。

セージの葉の製油は、胃腸炎に効く内服液として利用できます。

セージを焚いて、空気を浄化したり、煙に物をくぐらせて浄化したりできます。
記事一覧 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。